すぐ抜ける!電気針を使った医療脱毛

バナー

すぐ抜ける!電気針を使った医療脱毛

現在の医療脱毛は医療用レーザーを使ったレーザー脱毛が主流になっています。

痛みが少なく料金がリーズナブルという点が人気の理由で、幅広い年代の女性が医療用レーザー脱毛を受けています。
ただ、医療用レーザー脱毛は即効性のある方法ではありませんので、脱毛が完了するまでにインターバルを置きながら複数回の施術が必要であり、平均して半年~2年ほどの期間がかかります。すぐに脱毛したいという場合は、即効性のある電気針を使ったニードル脱毛という選択肢があります。

レーザーが主流になる以前は医療脱毛といえばニードル脱毛でした。


これは針を毛穴に刺し、そこに電気を流すことで毛を1本ずつ処理していく方法です。処理した毛はその場ですぐに抜け落ち、もう生えてこないと、即効性と永続性のある医療脱毛です。

レーザーに比べて痛みを感じることが多いのですが、現在の電気針は先端以外は絶縁してある絶縁針が使われていますので、かなり痛みは軽減されています。
料金は1本あたり、あるいは施術時間ごとの設定になっているため、1本ごとの処理になるニードル脱毛はどうしてもレーザー脱毛より高くなります。
そこで、最近はレーザーとニードルを併用するクリニックが増えてきています。


まずはレーザー脱毛で広範囲の毛を処理し、その後、ニードル脱毛を行うのです。


最初に毛量を減らしているため、ニードル脱毛で処理する毛が少なくなります。

レーザーとニードル、それぞれの特性を活かした方法です。
医療脱毛は、医療レーザー脱毛とも呼ばれているようにレーザーの光を使用した脱毛法です。

美容皮膚科などの病院でのみ行われており、エステサロンや脱毛サロンでの脱毛施術ではレーザーを使用することが禁止されています。
レーザー脱毛は、肌に光を当てると皮膚の奥にある毛根やその周りにある毛の生える組織にダメージを与えることができます。

施術後は二週間程度でムダ毛が自然と抜け落ちていきますが、機能が弱った組織は次に毛根を作る力も弱まっていることから細い毛質に変わっていき、二か月に一度くらいのペースで何度か施術を繰り返していくにつれてムダ毛の本数が少なくなって処理の必要がなくなるまでに達します。


医療脱毛は、顔やVIOラインなど皮膚の弱いデリケートな部分にも使用することができるために全身脱毛でも行われています。

医療脱毛は、男性のヒゲ脱毛にも利用されており、太くて濃いしっかりとした毛質から女性の顔のように産毛のような状態の毛質まで幅広く対応しています。
病院で行われている医療脱毛は、はじめに医師によって診察が行われ、肌質や肌の色、毛質や太さ、部位によって脱毛器の選択や出力の調整が行われます。

脱毛施術自体は医師ではなくスタッフによって行われますが、万が一肌トラブルが発生した時にも院内に医師がいるのですぐに診察してもらえるので安心です。
光の照射時には痛みがある人もいますが、麻酔処置をしてもらえるのも病院ならではです。

美容クリニックなどの医療機関で施行することができる脱毛のことは医療脱毛と呼ばれており、代表的なものである医療レーザー脱毛を中心として高出力・短期間・短時間で施行することができるとして非常に人気となっています。

また、永久脱毛に近い効果を得ることができるのも医療脱毛の特徴であり、永久脱毛を希望する人の中でも注目を集めている施行です。

そんな医療脱毛に関しては色々な噂が存在していますが、その中のひとつに「医療脱毛を行った後は汗が増えてしまう」というものがあります。実際に施行が終わった後にいつもよりも汗をかいていると実感している人は少なくないようで、そのような体験談が余計にこの噂の信ぴょう性を高めていると言われています。



ですが、実際には汗が増えるということはなく、その信憑性はないということになります。ではなぜ、施行後に汗が増えたと感じるのかと言うと、単純に汗を吸収する機能を持っている体毛が除去されたことが原因となっています。

と言うのも、そもそも体毛にはそのような機能が搭載されているからこそ分泌されていてもそこまで気にならないのですが、その機能が失われたことによって普段意識しないものが意識されるようになっているということになるわけです。

そのため医療脱毛を行ったことが原因と言うわけではないのですが、高出力で効果が高いということで余計にそのような感覚を覚えてしまう人が多くなっていることが、このような噂の理由だとされています。

新宿の医療脱毛の情報はココで集まります。

女性には生理があり、生理期間中は心身ともにデリケートになります。

特に肌はいつも以上に敏感になるため、少しの刺激でも痛く感じたり、肌荒れやトラブルが起こりやすくなります。

医療脱毛の施術を受けていると、生理期間と施術日が重なってしまう可能性もあります。

多くのクリニックでVIOゾーン以外の部位であれば施術が受けられるようです。

VIOゾーンは生理の経血によって衛生面で問題になったり、感染症を防ぐために施術できないことになっています。

しかし、生理中や生理前後はホルモンバランスの影響によって肌が過敏になるために、通常時とは違って肌トラブルが起こりやすかったり、体調不良に陥ったり、脱毛効果が十分に得られないといったこともあります。


クリニックによっては、生理期間中の施術はできないとしているところもあるようです。

生理中、医療脱毛が受けられないとしているクリニックの場合、施術日の変更やキャンセルし、体調のよい日に施術を受けましょう。

キャンセルの場合は、キャンセル料が発生してしまうこともあるので、事前にキャンセル料の発生時期と料金を確認しておきましょう。生理中でも医療脱毛施術が受けられるクリニックの場合は、施術前に生理中であることを伝え、レーザーの出力を通常時よりも低くしてもらうなど、肌トラブルが起こらないように配慮してもらうようにするほうが安心です。

特に生理不順の方の場合は、カウンセリング時に相談するようにしましょう。
医療脱毛の仕組みを理解して、脱毛に対する不安を取り除きや、最適な方法を選択出来るようになりましょう。医療脱毛とは、病院や専門店で、専門のスタッフにより行う脱毛治療になります。
脱毛をするためには様々な医療器具を使いますが、それらの器具は多くの試験を通過し安全確認のとれたものだけを使用しています。

医療脱毛の歴史は古く、医療器具は常に進化し続け、多くの治療実績と知識経験の積み重ねがあります。

今では、最新の脱毛設備を使えば、痛みも少なく、1回の施工時間も少なく、確実に脱毛ができるようになっています。

脱毛治療は広く普及しているため、設備の導入コストも安くなっていて、脱毛処理を受ける側にも費用が下がるという恩恵があります。



脱毛手法にはいくつかのやり方があります。

レーザー脱毛、フラッシュ脱毛が一般的な脱毛手法になります。


それぞれの仕組みを説明していきますと、まずレーザー脱毛は、レーザー光を照射して毛根細胞だけを取り除いていく手法になります。
最も広く採用されている脱毛手法のため、低コストの料金で利用できるため人気があります。


きちんとした設備のある所で行えば、痛みもチクっとする程度なので痛みが苦手な方も心配する必要はありません。

フラッシュ脱毛の仕組みは、光を照射して毛根細胞に直接光を当てることによって毛根細胞を破壊します。

料金は少し割高ですが1回の処理時間も短くてすぐに終わりますので、こちらも人気があります。

Copyright (C) 2016 すぐ抜ける!電気針を使った医療脱毛 All Rights Reserved.