アトピー肌の脱毛について

バナー

アトピー肌の脱毛について

アトピー肌の方でも光脱毛できるのでしょうか。

肌の状態にもよりますが、アトピーだからと言って絶対にできないということはないようです。

基本的にエステでは健康な状態での照射となるのでアトピーかどうかは別にしても、肌が荒れたり傷があったりするとそれだけで照射はできません。

つまりアトピーでもそれほど状態が悪くなければ施術をしてもらえることはあるのです。

ただ、その場合は各サロンによって医師の診断書や同意書が必要だったり、入念なカウンセリングが必要だったりと対応が異なるので注意しましょう。

ここで気を付けたいのが肌の状態です。
今は良くても施術期間中に悪くなって予約日に施術ができないこともあるでしょう。



通常、予約は数日前にキャンセルすれば振替が可能ですが、ここで注意したいのが期間限定のコースです。

よくあるのが1年コースです。


月2回を1年続ける全身脱毛などよくありますが、これでは月2回の予約日に肌の状態がよくなくてキャンセルが続いた場合、お手入れが進みません。
そうならないように期間限定ではなく回数コースやその都度払いにすることです。

それと万が一の際を考えて、医療機関と提携していることも絶対条件です。
照射時は問題なくても帰宅後に肌に異常が見られた場合に提携のクリニックがあればそちらでスムーズに診てもらえます。

このようにアトピーだからと言って脱毛ができないわけではないのです。
むしろ弱った肌にカミソリを当てるよりは専門機関で脱毛した方が肌には優しいとも言えるのです。

脱毛は肌荒れがある時は肌に影響を与えないように最適な方法を診断してもらう必要があり、事前に皮膚科で相談をする方法が望ましいです。

エステで施術をする時はレーザーや光などを用いるため肌に影響を与えるためカウンセリングを受けて判断することが重要で、流れを正しく決める必要があります。

肌荒れは肌に違和感を感じることやレーザー脱毛器を使う時に強い刺激を受けやすく、肌の状態を診断してから決める方法が最適です。

自分に適した方法を選ぶポイントはカウンセリングを受けてケアの方法や今後の計画を立てると効果的で、効果を出せるように自分に適した方法を探す必要があります。
脱毛は様々な種類があるため肌荒れがある時は安全にできる方法を探す必要があり、皮膚科やエステなどで相談して決める方法が最適です。

自分に適した方法を選ぶポイントは事前に内容を比較すると便利で、肌の状態を考えて決める方法が望ましいです。

肌荒れは肌に強い刺激を感じるため脱毛をする時は事前に診断を受けて最適な方法を決める必要があり、自分で勝手に判断をしないことが重要です。

体のムダ毛を処理する方法は肌の状態を診断してから自分に適した方法を決めることが重要で、正しいケアの方法を知る必要があります。


肌荒れがある時に脱毛をする方法の決め方は皮膚科で医師と相談して考える必要があり、肌に違和感を感じないように安心して受けられるように診断を受けてからエステでカウンセリングを受ける方法が最適です。
脱毛サロンや美容クリニックなどで脱毛をする際、行き来する時の服装に関して注意をしている人はそこまで多くないと言われています。実際、施行する際には専用の衣類もしくは裸になることがほとんどなのでそこまで気にすることはないと思われがちですが、実際は注意しておいた方がいいと言われています。



と言うのも、脱毛を施行する前も後もできるだけ紫外線を受けることは避けた方がいいと言われており、肌の炎症状態である日焼けにならないようにすることが重要となっています。日焼けをしていると軽度の場合でも施行ができないということもあるので、服装としてはできるだけ施行する部位は布で隠れるようにすることが大切になっているのです。

また、施行する部位によっては服を脱がなくてもその部分の衣類を脱ぐだけで簡単にできるという場合もあります。なので、一体型の服装であるワンピースやサロペットなどは施行前の手間が増えてしまうため、出来る限り避けておくことがスムーズな施行に繋がりやすくなっています。


そしてアクセサリー関連ですがこれは気にしなくていいというところもありますが、脱毛する部位に近い部分に装着している場合は施行の際にはずすようになります。

そのあとどこにしまったか置いたか分からなくなり、結果として紛失してしまうというケースもないわけではないため、最初から身につけないか専用のケースなどに入れて紛失しないように注意することも大切になっています。

光脱毛やレーザー脱毛は肌に優しい脱毛法と言われていますが、実際は毛根を熱処理する方法なので施術後の肌はある意味軽いやけど状態です。そこで肌トラブルを防ぐために施術前には冷たいジェルなどで肌を冷やし、施術後には冷却材などでのクールダウン、そしてその後は保湿のためのローションなどを塗布するのです。
実はそれだけではダメなのです。

帰宅後も普段よりも入念な保湿が必要なのです。

エステやクリニックですすめられたローションを購入するのがベストですが、市販の保湿剤でも問題ありません。



重要なのは自分の肌に合うものを使うことです。


保湿が重要といいますが、これは肌のバリア機能に大きく関わるからです。
肌は層構造になっていて、その一番外側の角質がバリア機能を果たしていますが、この部分が乾燥するとその機能を果たせなくなります。

すると肌は外部刺激に直接さらされることになり、内部の水分も蒸発してしまうのです。
乾燥肌が進むと敏感肌になるのはこういった理由があったのです。


乾燥肌では照射できないというのは、このように肌のバリア機能が低下した状態なので照射によって肌トラブルが起こるリスクが高いからなのです。


エステの光脱毛はレーザー脱毛に比べれば出力量が低いですが、あまりに乾燥がひどい場合などはこういった理由から断られることもあるのです。乾燥肌の方はもちろん、そうでない方でも施術後、そして普段からの保湿が重要なのはこういった理由があったのです。

色素沈着と言えば、その個所は脱毛が出来ない事で知られています。

しかし、折角脱毛をした後に施術個所に色素沈着が現れることがあります。

これは、施術後の一つのデメリットと知られており、施術をすることによっても色素の沈着が起こってしまうのです。

この脱毛施術による色素沈着はどういった時に起こってしまうのでしょうか。
純粋に施術によって色素沈着が出来てしまったというのであれば、それはやはり施術後の対応を誤ったという事になりかねません。

実は、施術後、処理した個所が紫外線に当たれば、色素沈着の原因となってしまうのです。
脱毛施術を受けた皮膚は、一種の火傷を負っている状態と言っても過言ではありません。

皮膚が火傷をしますと、表皮基底層のメラニンが増加するようになります。

さらにその個所に紫外線が当たれば高確率で色素の沈着が起こってしまうのです。

肌の色素の沈着は、長引くと次回の脱毛施術のスケジュールにも影響を与えかねません。

色素の沈着した個所は最初にも述べた通り、施術することが出来ないのです。


仮に色素が沈着して施術をお願いしてもサロン側が拒否することがあります。

ですから、施術した後はしっかりと紫外線対策をしたり肌の安静を保つように無理な事はしないことが重要なのです。
是非とも、施術を受けた後は肌が早めに回復するように、少なくとも2週間は紫外線対策をしっかり行い、無理に肌をこすったりしないよう肌を安静にさせておきましょう。

Copyright (C) 2016 アトピー肌の脱毛について All Rights Reserved.